著者

大室正志

来週に迫った“東京五輪”の「安心・安全」について

2021/07/15 09:31

いよいよ来週に迫ったオリンピック。緊急事態宣言下での五輪開催については各方面から批判が相次いでいます。その一方でむしろ無観客開催に反対する声も聞かれます。他のイベントは観客を入れてOKなのに五輪は無観客開催はおかしいと。五輪開催反対派も無観客開催反対派も立場は逆ですが、批判のポイントが「政府の論理的整合性のなさ」という意味では共通しています。そもそも五輪開催について私が「あぁ、これは論理的整合性を求めてしまうとしんどくなるなぁ」と感じたのは菅首相が繰り返す「安心・安全の東京オリンピック」という言葉を聞いたときでした。

 

続きは購読した方が読めます
もしくは
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする

ニュースレター名