著者

WISS編集部

「頭がいい」ことってそんなに重要?   

2021/11/10 09:16


こんばんは、編集Hです。 

みなさんは、「頭がいい」ということについて悩んだり思いを巡らせたりすることはどのくらいありますか? 今日は「頭がいい」について考えてみたいと思います。 

受験勝ち抜いてきましたか? 私たちは受験のときに「頭がいい順番」を突きつけられてきました。そう、「偏差値」です。「偏差値」は社会に出るためのパスポートのようなもののような気がしていました。実際に、企業の新卒採用担当者は学歴を見て、その人のポテンシャルを予測していることも多いので、「偏差値は幻想」とも言い切れません。 

「偏差値」はずっと、日本人のもやもやの元でした。 

これが日本のインテリジェンスなのか?NO!と仰っているのが、茂木健一郎さんです。 

 出典: caption

茂木さんの日本のインテリジェンスに対する危機感は強く、現在の日本の教育について警鐘を鳴らしています。レターを引用します。 

最近では中学受験のために小学2年生くらいから塾に行くケースが出てきていると言う。明らかに行き過ぎであるし、そこで育まれる学力は今日本を取り巻いている文脈と全く整合性がとれない。 
グローバル化の中で、あるいは人工知能の時代に要請される学力は、プロジェクト型や探究学習といったオープンエンドの自律的なスタイルのもので、国際的に見てもそれがエリート養成のスタンダードである。ところが、日本では安易なペーパーテストによる選抜と塾産業のセルフプローモーション、その象徴としての「偏差値」により、矮小化された学力観が社会で支配的になった。その結果、入試の競争に勝っても、それは日本国内の縮小しつつある経済というパイの分配におけるポジション争いに過ぎないものになってしまっている。

日本において「実効的なインテリジェンス」が育まれる条件茂木健一郎の脳インテリジェンスレポート』より) 

茂木さんは現在進行形のイノベーションに、教育がついていないと危機感を持っています。探求型の教育に早く切り替わるべきですが、今後、偏差値偏重型の教育を受けた世代とのジェネレーションギャップが広がりそうな予感です。 

偏差値といえば、東大受験についてのノウハウを詰め込んだコミック『ドラゴン桜』がすぐに思い浮かびます。その編集で知られる佐渡島庸平さん。ご自身も東大出身者です。ところが、この佐渡島さんが東大生時代は「自分は頭が悪い」と悩み、欝々としていたというので、驚きです。 

 出典: caption

僕は十代の頃、自分は頭が悪いと思っていて、悩みでもありました。思考がきれいに整理できないし、数学的思考が苦手で、どうしたらもう少しマシになるのだろうと考えていた。(中略)東大に行きながら、頭が悪いと悩むというのは、贅沢で嫌味な悩みのように思うかもしれません。しかし、その世間からすると矛盾する状態は、受験での成功は幻想で、自分は偽物だということがバレるのではないのかという不安のもとでの生活でした。自分の雑なラベリングにより、自分を不必要に責めていた。

第八章 一生続く「無知の知」コルク佐渡島の『好きのおすそ分け』より) 

東大に合格しても「自分は偽物」と感じていたとしたら、なかなか冷や汗が出る毎日です。自信がないというのはこういう状態なんですね。「頭がいい」呪縛から開放されたのは、ある時突然だったそうなのですが、ネタバレになるので、本編でどうぞ。 

WISSの発信者のおひとり、高橋祥子さんも東大ご出身です。生物科学式に「頭がいいとは?」を語っているレターを紹介します。「生物としてのヒトを捉えたときに生命科学的に考えると、「頭がいい」ことは生存競争環境下での生存可能性を上げる手段のうちの1つであり、もちろん頭がよくなること自体が目的ではありません。」(第5回 生命科学的に「頭がいい」とはどういうこと?「生命科学式」考え方で世界が変わる』より)と始まります。 

 出典: caption

環境が変われば、必要な頭のよさの基準も変わります。例えば、大規模な自然災害が起こって文明が崩壊し、サバイバル生活のようなものが始まれば、テストで高得点をとったり物事をじっくり考えたりするような人よりも、運動能力が高くて素早く決断できるような人が「頭がいい」と評価されるでしょう。

第5回 生命科学的に「頭がいい」とはどういうこと?「生命科学式」考え方で世界が変わる』より 

つまり頭の良さは多様だということです。しかし、高橋さんによると、頭の良さは多様だけれど、「愚かはひとつ」だといいます。いったい、愚かとは、どのようなことをいうのでしょう。続きは本編で。 

「頭がいい」ということについて、これだけの識者が語っています。それだけ、関心の高い、ひいては、個人の生き方から国家までを変えていくイシューなのかもしれません! 頭をよくするには? 頭がいい・悪いの呪縛から逃れるためには? はそれぞれの本編にそれぞれの解があります。ぜひ、知の冒険へでかけてください! 

*本記事に関する質問・感想・意見がございましたら、ぜひこちらまでお問い合わせください。発信者ともご共有させていただきます。

【あわせて読みたい】
<三浦瑠麗>鳥取の三朝温泉と島根を訪れて…
<MB>ブランド百科事典・特別編 『服好きなら絶対知っておくべきブランド』
<茂木健一郎>国風文化」の役割とグローバル化
<小野たいすけ>政治もビジネスも「可能性の芸術」だ
<入山章栄×田端信太郎>「会社は“概念”であり“宗教”」信じながら貢献することが自分の利益につながる


 
 
 
 
 
 
 

WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする

ニュースレター名