木内たかたねのタウンホールミーティング

コロナ・景気対策から社会保障、環境保護、外交問題など、政治が果たす役割はますます大きくなっています。そこで、ニュースレターを通して政治に関心のあるユーザーにリーチし、一緒に政策について考える場、タウンホールミーティングを発信します。タウンホールミーティングとは、政治について参加者みんながカジュアルにディスカッションする場のことで、ここでは私の普段の活動や政策について、あるいは有識者や住民の方との対談などを通して、日本のこれからについて意見を提示していきます。金融・財政の専門家として今の社会問題について考えていることを、わかりやすくお伝えしていきます。日本経済を復活させるきっかけを、木内たかたねのタウンホールミーティングから導いていきます。月1回更新。

550(税込)

このニュースレターの発信者

木内孝胤

投資家・実業家、前衆議院議員(2期)、党幹事長代理、党国際局長、財務委員会理事、外務委員会理事。東京三菱銀行(ロンドン支店、営業本部)、メリルリンチ証券(投資銀行部、マネージングディレクター)を経て政界へ。金融・財政・外交安全保障領域における経験が豊富で、投資銀行時代には半導体業界に対する知見も得る。渋沢栄一の曾孫、岩崎弥太郎の玄孫。