著者

堀江貴文

飛沫感染対策を掲げつつ、声がけをする不思議

2022/01/10 13:09

 飛行機の搭乗口でグランドスタッフの人たちが口々に「ありがとうございます」と搭乗する私たちに声をかけてくる。私はJALのダイヤモンドメンバーなので一際声高く「いつもありがとうございます」と声をかけてくる。
 が、はっきり言ってこれは不要だ。こんなことで飛沫を飛ばす(マスクしているので限定的なんだろうけど)リスクを冒しながら声出しをしてくれなくてもいい。だったら機内で一言も喋らないからマスクを外させてほしい。

 ANAのプレミアムクラスに乗った時も同じだ。CAがひと席ずつ声をかけてくる。全く必要ない。必要あればこちらから頼むけど、ほぼ頼むことはない。コロナ騒ぎ前は、「新聞どうですか?」とか聞いてきてきたけど、あれがなくなって快適になった。
 知らない人と積極的に会話をしたいというのは、私には理解できない。

続きは購読した方が読めます
もしくは
880(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする