著者

堀江貴文

新卒採用に感じていた違和感の正体

2021/11/25 12:40

 そういえばライブドアの時は新卒採用というものをやらなかった。
 私が社長辞めた途端にやっていて笑ったけど、「なんでやらないの?」的な意見もある中、あの頃はそれを完全に言語化できてなかったように思う。「リクルートなどの採用サービス企業に利益をぼったくられているのと同じなんだから、他社に頼らず頭を使っていい人材を採用することを考えるのが人事グループの仕事だろ!」くらいにしか言えていなかった。
 でも新卒採用に違和感があったのは事実だ。「短期的には同期意識が成長につながる」的なことを言われていたけど、「長期的にはどうなんだろう?」という部分がやはり違和感だった。

 それから月日が経ち、あの当時に覚えた違和感の正体を、少しずつ言語化できるようになった。

 

続きは購読した方が読めます
もしくは
880(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする