著者

堀江貴文

太平洋戦争時の情勢と新型コロナ騒動

2021/10/18 10:18

 先日、あの『星のや東京』で「提灯会食」なるものが発表されていて、『虚構新聞』かと思ってしまった。
 岡田斗司夫さんは、「新型コロナウイルス騒ぎは太平洋戦争みたいなもので、渦中の人たちは大真面目にへんてこりんなことをやってしまうのだ」と言う。サイゼリヤのふんどし型マスク「しゃべれるくん」が思い出させる。

 そもそも飲食店での会食だけを悪とするような世論形成がされていった背景には、飲食店業界にまとまりがなく政治力が弱いことが一つの原因だ。

続きは購読した方が読めます
もしくは
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする