著者

堀江貴文

日本中に存在する、下手な飲食店よりも美味い店

2021/10/09 12:17

 茨城県石岡市にある『サミットゴルフクラブ』で開催されている日本プロゴルフシニア選手権でキャディをやっているのだが、お昼過ぎには試合終わるので、だいたいその後にご飯を食べることにしている。田舎なのでなかなか美味しいご飯屋さんが期待できないので昨日は『びっくりドンキー』に行ってきた。まあハンバーグはハズレが少ない。びっくりドンキーは前から行っているので、それなりに美味しいので満足している。

 そんな昼ごはんだが、さて今日はどうしようと考えた。
 ちょい遅めの時間帯だったので軽いものが良いと思い「常陸秋そば」というのがこの地域では有名なことを思い出した。美味しそうな蕎麦の店をGoogleマップで検索して二軒ほど当たりをつけて来店したものの、どちらも閉店時間。
さて、どうしたものか。そんな時に役に立つのはやっぱりコンビニだ。

 日本のコンビニのレベルは相当高い。だから、「コンビニでいいじゃん」となってしまうのはつまらないのであるが、結局バラエティ豊かだし満足度 高いのがコンビニだ。蕎麦はあまり美味くないので買わないけど、今回はタルタルソースたっぷりのフィッシュバーガー、野菜スティック、ジューシーメンチカツ、シャインマスカット入り大福に、伊右衛門の京都ブレンドとゼロコーラという具合だ。
 こんなものが24時間営業でどんな田舎に行ってもあるのだからヤバイ。

 そういえばおしゃれデザインの強壮剤作りました。まむしドリンクみたいなおどろおどろしいパッケージではなくスタイリッシュに。

▼『SUIT』サプリメント
https://bit.ly/3Bmgjh7
https://amzn.to/3oPOgDh

*本記事に関する質問・感想・意見がございましたら、ぜひこちらまでお問い合わせください。発信者ともご共有させていただきます。

【あわせて読みたい】
<三浦瑠麗>今回のダイアログ:「男はATMだから」という年上男性の発言に“違和感”が…
<田端信太郎>「空気」に惑わされ、不合理な状況に甘んじるのはもうやめよう。
<茂木健一郎>第14回 「ギフティッド」と「学習障がい」は似ている。
<上山信一>〈第1回〉 2050年のポスト資本主義の姿を考える ―俗説を疑い、古典を読めば未来は洞察できるー
<大室正志✕高岳史典>第1回 空気を読む社会への処方箋。オリパラ、緊急事態宣言、そして日本の政治 大室正志✕高岳史典

880(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする