著者

堀江貴文

時短動画全盛時代に長尺動画を視聴させるには?

2021/10/08 12:12

 最近Netflixで『イカゲーム』を観た。イカゲームとは韓国の子どもたちがやる遊びで日本の「けんけんぱ」に似ている。まあそれを『カイジ』みたいに大金を賭けたデスゲームで行うというシナリオだ。
 たしかに一気に観てしまったけど、なんというか、「すげーよ!」とか「感動したよ!」とかにあまりならないのところがあり、ちょっと不思議な感じがするドラマである。

 なんと、このイカゲーム。Netflix配信国の9割以上の国で一位を獲っているのだという。『TikTok』なような時短動画サービスが人気全盛となっているこの時代に、なんでこんな長い時間を拘束されるドラマにハマってしまうのか?
 このことを先日HIUの定例会で岡田斗司夫さんと議論した。

 岡田さんの回答は非常にシンプルだった。
「あれはマッサージなんですよ。だから時間がかかるし、それをみんな許容するんです」

続きは購読した方が読めます
もしくは
880(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする