著者

堀江貴文

祖父と食べた、かにご飯の思い出

2021/10/07 10:38

 上海蟹の季節が到来し、美味しい中華料理店を渡り歩き始める時期がやって来た。
 まずは赤坂の『Wakiya』さんに行ってきたのだが、9月末から10月のこの時期は卵を持ったメスの上海蟹が美味い時期だ。紹興酒につけた酔っ払い蟹や、蒸し蟹、そして小籠包や蟹肉チャーハンなどを楽しめる。蟹肉と味噌をたっぷりと使った麻婆豆腐風もおすすめ。濃厚な味噌の味を堪能できる。

 実はこの上海蟹。学名を「シナモクズガニ」といい日本にも生息するモクズガニの大陸種なのである。日本に生息するモクズガニよりも一回り大きく、味噌もたくさん入っているし味も濃い。
 モクズガニは日本全国に広く分布し、小さい沢の石の下に生息しているので夜のうちに罠を仕掛けておくと捕まえることができる。

続きは購読した方が読めます
もしくは
880(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする