著者

堀江貴文

「キャディ」という名のゴルフ塾

2021/10/05 10:38

 ゴルフ場に来てゴルフプレーをしなかったのは、これで二度目だ。
 一度目はライブドア時代に子会社でゴルフ予約サイトを運営していて、その集客のためのゴルフコンペで同い年の片山晋呉と対談した時である。もちろんゴルフの話などできるはずもなく、全然関係ないビジネスの話をしたように思う。
 二度目の今回は友人のプロゴルファーである米倉和良がシニアの年齢になったので、再び予選を勝ち抜き公式戦に復帰したというのでキャディをすることになったのである。

 彼は日本アマチュアゴルフ選手権二連覇の成績を持って鳴り物入りでプロ入りしたものの目立った成績を残せず長いことツアーに参戦できずにいたが、シニアの年齢になったので再チャレンジ。もちろんシードもないので予選から勝ち上がってきたのである。
 練習ラウンドはマスターズ4位にもなった伊澤利光プロと、ツアー8勝の深堀圭一郎プロとご一緒させていただくことに。

続きは購読した方が読めます
もしくは
880(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする