著者

堀江貴文

占いに頼るような人が辿り着く答え

2021/09/09 07:58

 人はなぜ占い師に頼るのか。
 編集者の箕輪くんが占い師になる実験をしたそうだ。まあ、明らかにおふざけ企画なのだが、真面目に相談してくる人がいるらしい。そして適当な占いをしたら、それを全部「なんでわかるんですか?」と食い気味に同意してくるのだそうだ。
 彼らは占ってほしいというよりは自分を肯定してほしい、寄り添ってほしい、自分の話をただ聞いてもらいたいだけだったりするのである。

 私にビジネス相談をしてくる人も大体がそうだ。
 自分のやりたいことは決まっていて、私に太鼓判を押してほしいだけだったりする。
 だが、はっきり言おう。私は占い師ではないので、ダメなビジネスプランは全否定する。そして現実的に上手く行く確率の高いビジネスを提案する。すると、「なるほどー」と神妙な顔つきで聞いているフリをしている。でも、結局一周回って、彼らは自分が考えたビジネスプランを実行していく。

続きは購読した方が読めます
もしくは
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする