著者

高岳史典

がけっぷちからなぜ再生できたのか?「外資系大手」を納得させた前代未聞の広告手法とは

2021/11/24 08:12

#16 メインコラム「銀行とP&Gとライブドアとラムチョップ」

─ 日本で唯一の数奇なキャリアを歩んできた筆者が、実際に見て、聞いて、体験した「ここだけ」の話の数々。単なるゴシップに終ることなく、それぞれの会社への愛情を込めて、皆さんのお役に立てるお話を綴れればと。


第1話はこちらから

第2話はこちらから

 

ライブドア〜あの事件のあとのホントの話: 第3話『逆襲』

「トップ・ジャック」

それはライブドアがコカ・コーラに提案する勝負の新広告商品でした。

文字どおり、

550(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする