著者

高橋祥子

第9回 リーダーシップ能力は遺伝子によって決まっている?

2021/12/10 10:22

みなさん、こんにちは。ジーンクエストの高橋祥子です。このニュースレターでは、生命科学の研究者として生命のしくみや原理・原則を解説しながら、それを知ることがビジネスシーンにも活用できることを経営者の視点から紹介します。

第9回は、リーダーシップについてのお話です。リーダーシップのあり方が多様化していることと、リーダーシップと遺伝子・環境の関係について考えてみます。

 

人類の集団生活から生まれたリーダーシップは多様化している

現代社会において、仕事をする上でリーダーシップが求められる場面は多いです。経営者や管理職といういわゆるリーダー的な立場の職業だけに限らず、どんな仕事をしている人であっても、周りの人に動いて協力してもらうには、ある種のリーダーシップが必要だと考えることができます。このようなリーダーシップには、向き不向きはあるのでしょうか。リーダー的存在に向いている人もいれば、自分はリーダーに向いていないと考える人もいるなど、多少の向き不向きがあると考えている人が多いようです。

続きは購読した方が読めます
もしくは
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする