著者

Mark Halperin

2番目に賢い人が言うことは?各ニュースへのコメント

2021/11/25 10:29

*本ニュースレターは、マーク・ハルぺリンが発行しているWide World of Newsの日本語訳です。原文は本ニュースレターの日本語訳の後に続きます。今回は、会議で最も賢い人と2番目に賢い人が、それぞれのニュースにコメントするなら何と言うか、というシチュエーションを設定して、ハルペリンがニュースを解説しています。

 

2番目に賢い人が言うことは?各ニュースへのコメント

感謝祭前最後のオンライン会議で…

Fedのチーフ選出

トピック:

1125出典: caption

Politicoのスーパー賢者のベン・ホワイト氏はこう言っている。

最終的に、バイデンは彼に近い人たちが予想していたことをしました。彼は予想以上に長い時間をかけて、多くの人を感動させながらもリスクを抑えた合理的で穏健な決定を下したのです。

2番目に賢い人が言うこと:ドナルド・トランプ、Wall Street Journalの編集部、エリザベス・ウォーレンの3人は、パウエルの再指名に反対している奇妙な仲間たちだ。

最も賢い人が言うこと:プラミラ・ジャヤパルと体制派のポリシーメーカーたち(広報官のデビッド・イグナティウスによる)はすべて、パウエルが再指名されることを支持している奇妙な仲間たちだ。

「私の唯一の疑問は、ジェイ・パウエルと習主席のどちらが我々の大きな敵なのか、ということだ。」

-- 2019年のドナルド・トランプ

デビッド・イグナティウスは:

バイデン大統領は、時には自党の進歩派の虜になったかのような不安定な数カ月を経て、月曜日(11月22日)にジェローム・H・パウエルを連邦準備制度理事会議長に再指名し、中央に向けて確かな一歩を踏み出した....。

連邦準備制度を誰が運営するかによって、バイデン大統領の世間での地位が大きく変わることはないだろう。しかし、今週のバイデン大統領は、左右の争いに関係なく、国にとって意味のあることを行うという権威を少し取り戻したように見えた。

****

原油

トピック:

Politicoから。

バイデン政権が、最近のガソリン価格の上昇を抑えるために他国と協力して数日中に戦略石油備蓄から石油を放出する見込みであることを、この取り組みに詳しい人々が月曜日(11月22日)に語った。

米国の放出量は3,000万〜3,500万バレルと予想され、時間をかけて実施されるだろうと関係者の1人は語っている。米国政府は現在、中国や日本を含む外国政府との同時放出を調整しており、そのために発表のタイミングが複雑になっていると、2人の関係者が付け加えた。

この計画に詳しい人物の一人は、「かなり近いうちに大きな動きがあるだろう」と述べている。

この規模の放出は、米国の原油生産量の約3日分に相当する。

2番目に賢い人が言うこと:

3,300(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする