著者

Mark Halperin

朝の会議でニュースについて話すときはこうコメントしよう

2021/10/29 08:51

*本ニュースレターは、マーク・ハルぺリンが発行しているWide World of Newsの日本語訳です。原文は本ニュースレターの日本語訳の後に続きます。今回は、インフラ法案やバージニア州知事選挙などの話題に対して、あなたがどうコメントすべきかという観点で、各ニュースを考察しています。

 

朝の会議でニュースについて話すときはこうコメントしよう

どう対応すべきかの完全マニュアル

最終調整

ニュース:DCの民主党指導者が和解案の発表に近づいていると言っているように、ホワイトハウスでは火曜日の夜まで会議が行われ、最終的に残っているのは取引の規模と、税金、医療、環境などに関する条項だけのようだ。しかし、ペロシ議長と進歩派議員はインフラ法案の道筋について意見が一致していないようで、バイデンの海外出張、バージニア州の選挙日、公共交通機関の資金調達の期限が迫っている。

ただのおしゃべりが言うこと:合意があるのかないのか、全くわからないね。

あなたが言うべきこと:バイデン、ハリス、クレイン、ペロシ、シューマーのチームは、このごちゃごちゃな状況から何が出てきても喜ぶだろうが、成文化と何らかの調整に最低でも2週間はかかるだろうし、民主党にとっては実際に通過する前に、どんな「ディール」も「ノーディール」になってしまうという現実的なリスクがあるよね。

****

合意・パート1

ニュース:支配的メディア、ポリシーメーカーたち、テレビに出てくる専門家、Wall Street Journal編集部の全員が同じ讃美歌を歌うことはまれだが、バージニア州知事選の壮大な意味について、前述のすべての意見を代弁しているジゴ・ギャングを見てほしい。

WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする