著者

Mark Halperin

ジョー・バイデンの周りのキーパーソンは、今何を考えている?

2021/10/08 12:05

*本ニュースレターは、マーク・ハルぺリンが発行しているWide World of Newsの日本語訳です。原文は本ニュースレターの日本語訳の後に続きます。今回は、バイデン大統領の首席補佐官であるロン・クレイン氏が大統領に手紙を書くことを想像しながら、彼が考えているであろうことを考察しています。

 

ロン・クレインは今何と言うだろうか?

大統領への手紙

TO:バイデン大統領

FROM:ロン・クレイン

件名:現実を直視しましょう

大統領、緊急会議のために今朝のワークアウトをキャンセルするように提案したことをお詫びします。あれは軽率な、そして愚かな提案でした。

私たちの中には、状況を再評価する時期に来ていると考えている者もおり、あなたがミシガン州に向かい、他にも機会でも多く実施している政策アジェンダを発表する前にそのことを話したかったのです。

同じことを何度もやって、違う結果を期待するという計画を続けることはできます。それはうまくいくかもしれません。

なぜなら、あなたはドナルド・トランプではないからです。それであなたが当選してまだ1年も経っていないのですから、2020年の11月に比べて、アメリカ国民のあなたへの愛が減ると考える理由はありません。

まあ、そう思ってしまう理由は“いくつか”あるかもしれませんが。

あなたが自分についてのネガティブな記事を気にしないことはわかっていますが、少なくともこのWashington Postのヘンリー・オルセンによる論説には目を通す必要があります。

ハルペリンはこの記事を「必読記事」としていますが、この記事ではすべての世論調査において、あなたの無党派層への評価が大統領就任時のトランプ氏の評価とほぼ同じであることを指摘しています。

3,300(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする