著者

Mark Halperin

8月を終えるにあたっての気づき…アフガニスタン問題は今後どう影響するか

2021/09/03 11:51

*本ニュースレターは、マーク・ハルぺリンが発行しているWide World of Newsの日本語訳です。原文は本ニュースレターの日本語訳の後に続きます。今回は、主にアフガニスタン問題に関するニュースで、ひと月を振り返りながらハルペリンが気づいたことを解説しています。

 

ジョー・バイデンのアフガニスタン作用薬

最高の仕事か、それとも恐るべき大失敗か?

ちょっと動きの速い2つの話題が入ってきた。

ここでは、アイダ(大型ハリケーン)の最新情報をお届けする。

そして、カブール空港の様子について。

もうひとつの夜話。

そして、Washington Postがこのニュースを伝えている。

バイデン大統領は、火曜日(8月31日)までにアフガニスタンにいる米国大使とすべての外交スタッフを撤退させる予定で、2人の米政府関係者によると、彼らがいつ(あるいは本当に)帰国するかは不明であるという。

タリバンは米国がカブールに外交任務を維持することに関心を示しているが、バイデン政権は将来のプレゼンスがどのようなものになるかについて最終的な決定をしていない。

****

バイデン政権のアフガニスタンへの対応が、選挙公約の達成なのか、それとも大失敗なのかという問題については、New York Timesの2つの必読記事があるので、自分の考えを決めるのに役立つだろう。

ピーター・ベイカーは、自分のニュースの分析に多少の懐疑的な見方をしているが、バイデンチームの主張を認めるために必要な取材を行ったことは明らかである。多くの協議を重ねた上での判断であり、その計画と実行はその状況下で最善だったというものだ。

これとは正反対の視点から、

WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする