著者

三浦瑠麗

今回のダイアログ:同僚のずぶとさにイライラしてしまいます、どう付き合えば?

2021/10/28 09:56

みなさん、こんにちは。三浦瑠麗です。

このニュースレターでは、身の回りのこと、社会事象、そもそも生きる過程でぶつかるさまざまな悩みや壁などについて、読者のみなさんの質問にお答えしていきます。

ぜひ、思うところをどしどしとお寄せくださいませ。

*本ニュースレターへの感想も併せてこちらで募集しております。WISS内でもご紹介させていただく可能性がございますので、ご承知おきください。

また、本ニュースレターのコンテンツは、WISSだけでなくその他のメディアでも転載、活用させて頂く予定です。その際に、本ニュースレター内で取り上げられた質問や感想を掲載する場合がございます。ご質問や感想をいただく際には、掲載にご承諾いただいたものとして進めさせていただきますので、ご了承ください。

 

今回は、同僚に対してネガティブな感情を持ってしまうというご相談です。

30歳女性です。同僚に、とても愛嬌があり、人柄もよく、仕事もがんばっている女性がいるのですが、彼女のことを煩わしく思ってしまい、そんな自分が嫌いです。彼女にそういう意識はないと思うのですが、度々会話の中で「考えること」や「ちょっとした作業」を、「お願い」という言葉を使わずにやってもらおうとしているところが目につくのです。

私が感じている煩わしさはきっと、性格なのか言葉の使い方の癖なのか、それがゆるされる環境で育ってきたことへの妬みのようなものである気がして、そういった視線で彼女をみてしまっていることに申し訳なさや罪悪感のようなものを感じます。

三浦さんだったら、そういった気持ちを持ってしまう相手とどのような付き合い方をされますか? 

そうですね、それは結構厄介な問題だと思います。あなたの日々感じているイライラは、瓶にためていくキャンディに例えると相当な量がすでに溜まってしまっているようなので、あんまりため込んで取り出さないでおくと、あなたという瓶の許容量がいっぱいになってしまうからです。

続きは購読した方が読めます
もしくは
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする