著者

茂木健一郎

技術にこだわって本質が伝わらない、日本のプレゼンに憂いが増す…

2021/11/25 10:23

 TEDの文化が日本に入ってきた時、それはさまざまなかたちで衝撃を与えた。

 最も本質的だったのは、TEDにおいては、「前置き」や「段取り」のようなものはないということではなかったか。

 スピーカーはステージに立って、一秒目から本質的なことを話し始める。そして、終わったら去っていく。その無駄のない進行は、日本のスピーチの文化の中にはなかったものだった。

 日本のスピーチは、典型的には、「ただいまご紹介いただきました○○です」というような文言から始まる。

続きは購読した方が読めます
もしくは
550(税込)
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする