著者

茂木健一郎

日本企業の学力観は「化石化」…?インテリジェンスの本質はどう見極める

2021/10/21 09:20

 博士号取得者に対する冷遇に象徴されるように、日本の企業を始めとする組織の学力観は時代遅れなものになっており、大幅なアップデートが行われなければ現代に適応できないと指摘する者は多い。

 とりわけ、「インテリジェンス」の本質を見極めるという視点からは、日本の学力観は「化石化」している。

続きは購読した方が読めます
もしくは
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする