著者

茂木健一郎

茂木健一郎が考える“教育論”「今、ここ」の学びを充実させるブリコラージュとは?

2021/10/07 09:30

 一般に、「知性」を育むために学校のシステムなどを改善しようとしても、それは「今、ここ」の学びには間に合わない。

 例えば、日本の教育システムを改善するために、5年かかったとする。そのような施策は、たしかに、これから5年後以降の子どもたちの学びには資するところがあるだろうけれども、今まさに多感な時期を過ごしている子どもたちの学びには間に合わない。

続きは購読した方が読めます
もしくは
WISS | 発信者の世界観をそのまま届ける月額ニュースレター

このニュースレターをシェアする