茂木健一郎の脳インテリジェンスレポート

ますます複雑、多様化する現代社会において、リベラルや保守といったイデオロギーにとらわれず、「インテリジェンス」(知性、情報収集、戦略)にフォーカスし、人工知能や教育、成長戦略、国際関係、メディア、生き方、ライフハックなどの問題に脳科学や認知科学などの知見を交えながら鋭く深い分析を加えます。月4~5回更新。

550(税込)

このニュースレターの発信者

茂木健一郎

茂木健一郎(もぎけんいちろう)脳科学者、作家、ブロードキャスター。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学非常勤講師。1962年10月20日東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究。2005年、『脳と仮想』で、第四回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。2006年から2010年まで、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』キャスター。IKIGAIをテーマにした英語の著書が、31カ国、29言語で翻訳出版される。主な著書に、『脳とクオリア』、『生きて死ぬ私』、『東京藝大物語』、『ペンチメント』、『クオリアと人工意識』がある。